読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひびいろいろ

絵を描いてみたり。日常の思うことをちょっと書いてみる。

プラバン覚書き〜その2〜

前回、着色まで書きました。

今回は焼きからです。

 

5.プラバンを絵ごとに切り抜く。

f:id:ikup-san:20161107081123j:image

キーホルダーにする場合は穴あけパンチで焼く前に穴を開けておいたほうがいいです。

 

6.トースターで焼く

f:id:ikup-san:20161107081327j:image

アルミホイル使う方法かありますが

クッキングペーパーの方が簡単に焼けます。

・焼きたいプラバンをクッキングペーパーに乗せて、温めたトースターの中に入れます。

・大体、1〜2分くらいでできますが

焼かれてる所を見ててもらったほうがいいです。

縮み始まるとグニャグニャとなって大丈夫かな?と思いますが、暫く様子みてるとだんだんおさまって平らになるので、その状態になれば焼き上がりだと思えばよいと思います。

 ・焼き上がったら取り出して、分厚い本にはさみ冷めるまで待つ。

焼いたキッチンペーパーごと取り出して、上にもキッチンペーパーを被せるように本で挟んだ方がいいかもしれません。

 

焼き上がりはこうなります。

f:id:ikup-san:20161107082053j:image

f:id:ikup-san:20161107082555j:image

 

7.コーティング

 色鉛筆で描いた面をマニキュアのトップコートで塗ります。

f:id:ikup-san:20161107082638j:image

マニキュアトップコートは油性のペンは溶かしてしまうようなので、オモテ面にはぬりません。

 

オモテ面は何か塗る必要はないかと思いますが、私は代わりにデコパージュ用のトップコートを塗りました。

…あまり意味ないかもしれません^^;

f:id:ikup-san:20161107082913j:image

 

全て乾いて、紐を通せば出来上がりです。

f:id:ikup-san:20161107083117j:image

 

画材とか、変えると色んな風合いになるみたいなので面白いです(*´꒳`*)