読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひびいろいろ

絵を描いてみたり。日常の思うことをちょっと書いてみる。

ひとりっこと兄弟っこ

先日、ちょっと嫌なことがあった。

 

息子(ひとりっこ)

友達A(長男)

友達B(3人兄弟の真ん中)

 

3人でゲームで遊んでいると息子が負けてA君が「うぇ〜い!ザマァ〜(゚∀゚)」

…まあ、こんなんは男の子同士よくあること。

何も、思わず負けたんだね〜と見ていた。

 

しかし、次はBくんが負けてしまい…Aくんが

「おしい!残念だったな〜!ガンバ!!」

 

…は?なにそれ??

態度が違くない?

 

Aくんは度々そんなことがある。

息子を除け者にしてみて、Bくんとは仲良しアピール。

 

お母さん達と仲がいいのですが、このことを伝えるべきか…でも、高学年だから見守るべきかヤキモキ。

 

とりあえず息子に嫌な思いしないのか気持ち聞いてみました。

すると…

「え?別になんも思わんけど?(・Д・)」

 

え?なんも思ってないの?(笑)

 

…本人が何も思ってないのならいいのかな…

 

そんなんで、色々考えていたのですが

ふと、自分が子どもの頃を思い出すと…

私もAくんと同じようにイジワルを幼馴染のひとりっこにしていた…

 

その時の気持ちを思い出してみると

・いつも弟や妹の面倒をみなきゃならないのに彼女は自由

・欲しいものがいつも彼女の家にある

・好きな時に好きなことができて羨ましい

・イジワルしても何も感じないのか堂々としててムカつく

 

だけど、嫌いじゃなくむしろ好きな子だった。

昔からずっと一緒だったから嫌われて離れていくことがないと思っていた。

信頼もありつつ、嫉妬もあり、それを隠さず出していた相手。

 

Aくんが私と全く一緒かといえばそうではないだろう。

けど、恐らく同じような気持ちもあるんじゃないかなって。

 

そう考えて始めたら、Aくんに対する嫌悪感が薄くなった。

いいことも、わるいことも

跳ね返ってくる。

 

きっと、これは息子を通して何十年前のことが跳ね返ってきたのだろう。

Aくんとは個人的にも関わることが多々あるし

受け入れて見守ろう。

 

…でも、息子が嫌がったらさすがにお母さんに伝えなきゃならないだろな。

そのときはそのときで…